blog

日本台湾交流協会台北事務所 泉代表からの応援メッセージ

日本台湾交流協会台北事務所代表の泉裕泰です。

この度、私の故郷の広島県を含む西瀬戸エリアの関係者の皆様が連携し、Web交流マガジン「MOBURU+」がスタートしたと伺い、大変喜ばしく存じます。

2019年10月に台北事務所代表を拝命し、約1年が経ちました。これまで台湾の様々な関係者の方とお会いしましたが、皆さん非常に温かく迎えてくださいます。その度に、台湾は日本と多分野において歴史的に積み上げられた信頼関係があり、日本にとって極めて重要なパートナーかつ大切な友人であると実感しています。東日本大震災の際に、台湾が日本に約250億円の義援金を送ってくださったことや、直近では、日本各地に台湾にとっても大切な医療用マスクを惜しみなく寄贈してくださったことも皆様の記憶に新しいのではないでしょうか。

来年2021年は、東日本大震災発生から10年の節目となります。当時、我が事のように心を痛め、ともに復興を願い、温かい支援の手を差し伸べて下さった台湾の皆様に改めて御礼を伝えるべく、また、来年を日本と台湾の友情を改めて確かめ合う歴史的な一年とするため、経済・観光・文化・教育等様々な分野における日台関係の強化に当協会として、より一層力を尽くしてまいります。

2019年の外国人延べ宿泊者数(国土交通省観光局「宿泊旅行統計調査」)は、20の県で台湾がトップとなっています。日本に観光に来られる台湾の方々の特徴は、日本の各地方のそれぞれの魅力を熟知し、強い関心を寄せて下さっていることだと言えます。現在新型コロナウイルスにより観光での訪日が困難な状況が続いていますが、実に多くの台湾の方が「また是非日本に行きたい」という強い思いをお持ちです。日本でも、「台湾ロス」が広がっていると聞きます。コロナ後のインバウンド・アウトバウンド双方の促進を念頭に置いた取組が求められているのではないかと思います。

瀬戸内の島嶼美など思わず写真に収めたくなるような自然や厳島をはじめとする名所、しまなみ海道のサイクリング、本場でしか味わえない柑橘や瀬戸内グルメ等、西瀬戸エリアには台湾の方々に愛される魅力がたくさんあります。西瀬戸エリアの皆様が一丸となり、ともに日台関係を今後更に盛り上げ、深めてくださることを、心から期待申し上げます。

我是日本台灣交流協會台北事
務所代表,泉裕泰。

這回,西瀨戸區域(包括本人的故鄉廣島)相關人士聯合開辦了線上交流誌「MOBURU+」,我聽聞此事感到非常的開心。

我於2019年10月開始被任命為台北事務所代表,約莫已經過了一年。這段時間和許
多台灣的各界人士會面,大家都非常熱情地迎接我。

此次,我深切地感受到台灣於各個層面上與日本有許多因歷史而建立起來的信賴關係,對日
本來說,台灣是我們極為重要的夥伴也是不可或缺的朋友。

311東北大地震時,來自台灣的捐款大約有250億日圓,而最近對大家來說應該仍記憶猶新的
是,對台灣來說非常珍貴的醫療用口罩,台灣也很大方地捐贈給日本各地。

明年2021年是311東北大地震發生以來屆滿10年。當時廣大的台灣民眾,因為對震災的巨大
傷害感同身受,紛紛貢獻出自己的愛心。有鑑於此,我認為必須再次向台灣表達感謝之情。而明年也是見證日台雙方友誼歷史性的一年,本協會將在各個領域(包括經濟·觀光·文化·教育等)更進一步地致力於強化日台之間的合作關係。

根據日本觀光局的「訪日外國觀光客統計調查」中指出,2019年的外國觀光客源排名中,台灣高居日本20個縣市的冠軍。訪日觀光台灣民眾的特徵為熟知日本各地獨特的魅力並且抱持著高度的興趣。

目前受到新冠疫情的影響,雖說仍難以觀光訪日,還有為數眾多的台灣朋友們,熱切地表
示「無論如何都想再去日本」。

我聽說在日本也出現了「台灣LOSS」的失落感。新冠疫情後,我們該思索如何能促進雙方
觀光往來的方式。

瀨戶內海島嶼絕美的自然風景會令人毫不猶豫地想用相機捕捉。還有以嚴島為首的名勝古
蹟,島波海道的自行車道,以及只有原產地才品嚐得到的柑橘和瀨戶內各式美食等,我有自
信西瀨戶區域的魅力一定能夠征服許多台灣朋友。

我由衷地盼望,透過西瀨戶區域的所有人團結一心,讓今後的日台關係能夠更加地緊密且
深化。