blog

〰ゆゆはれ 台湾女子のHIROSHIMA日記〰忘れられない歴史 「広島平和記念資料館」

みなさん安安、ゆゆとはれです!

広島には原爆ドームと厳島神社という二つの世界遺産があります。

私たちは今日、原爆ドーム、平和記念公園と広島平和記念資料館へ行ってきました。

平和記念資料館のチケット代は大人¥200です💵

今日は平日ですが、参観する人は多かったです。

平和記念資料館は、1945年に広島に何があったのかを伝えて、

そして平和な世界を願うために設立した施設です。

「1945年8月6日午前8時15分、

広島に一発の原子爆弾が落とされて、多くの人の命が奪われました。」

爆弾は目標となった市内にある相生橋より300メートル離れた病院の真上に爆発しまして、

広島のまちを一瞬で破壊しました。

市内の建物は92%以上が壊れたり焼けたりして、

35万人の市民のうちに、約14万人が犠牲になりました。

約3.5km離れたところにいた人でも火傷を負うくらい威力が強かったです😢

資料館の中には、爆風で壊された建物の鉄骨の梁や歪んだ鉄扉などが展示されています。

他にも、当時に撮られた写真と被害者の描いた絵、遺物もあります。

そして、広島が被爆前から今までの歩みも窺えました。

一番びっくりしたのは、原爆後10年以上経った1958年に、

広島市の人口が戦前と同じ41万人に増えて、同年4月に広島復興大博覧会も開催されました。

市民は「復興を実感した」といわれていることをみて、

私たちも広島人の強さに感動しました。

広島市は平和記念都市として再生され、世界の人々に勇気と希望をもたらす活力ある都市を目指して進めています✨

ABOUT ME
ゆゆ
ゆゆ
1995年生まれ。台湾台北市出身。美味しいものを食べるのが大好き。感情の表現力が豊かな日本語の美しさに惹かれていて勉強してきました。日本と台湾のお互いの魅力を伝え合おうと思い、台湾から20代女子が好きなグルメ・流行り物・おしゃれ情報などをお届けします。