日本語 記事

一青妙の四国サイクリング紀行【その1】内子 篇

第一回 内子 篇

 愛媛県は東西に細長い。東予、中予、南予と呼ばれる地域に分かれ、それぞれ人々の気質や話す言葉も違うというから面白い。東予も中予も魅力的だが、私は特に南予がお気に入りだ。

 美しい伊予灘が眼前に広がる「下灘駅」や、日本一細長い半島の「佐田岬半島」、長い歴史を持つ宇和島の「闘牛」。地元産の新鮮な鯛の刺身を使う「宇和島鯛めし」や魚と味噌の味がクセになる「さつま汁」など南予のグルメもハズレがない。

 四国一周サイクリングのとき、南予で印象に残ったのは、レトロな雰囲気に包まれた内子町だった。江戸時代以来、和紙と木蝋(和ろうそく)の生産で栄えた土地で、約600m続く大通りでは、白漆喰と黄土のコントラストが美しい屋敷や町屋が続く。古い建物が資料館やカフェ、雑貨店など素敵な店にリノベされ、なんども自転車から降りて店の中を覗いた。

 大正時代に建てられた芝居小屋・内子座もある。かわいい木造の劇場に、役者業の私はぐっと惹かれた。狂言や文楽などを上演しているらしい。いつか演目も見てみたい。

 ランドセルを背負った下校途中の小学生たちに出くわした。歴史ある町の風景に黄色い帽子姿が溶け込んでいた。自転車に乗る私に向かって、彼らから元気な声で「こんにちは!」。南予の優しさがじんわり伝わってきた。

一青 妙(ひとと たえ)

台湾の名家「顔家」長男の父と日本人の母との間に生まれる。現在は作家・女優・歯科医をマルチに活躍。主な著書に「私の箱子」「環島 ぐるっと台湾一周の旅」など。四国一周サイクリングPR大使、愛媛台湾親善交流会PR大使を務める。

一青妙の四国サイクリング紀行【その2】香川・善通寺第二回 香川・善通寺  四国を自転車で走っていると、杖を持ち、百衣に菅笠という姿で歩いている人たちを見かける。外国人も珍しくない。お遍...
一青妙の四国サイクリング紀行【その3】鳴門海峡鳴門海峡  四国と台湾はほぼ同じ大きさだ。どちらも海岸線を中心にぐるっと一周すれば1000㎞くらいとなる。自転車で両方を走った私の感想...