blog

2020年愛媛台湾親善交流会通信

2020年度総会に約50人参加

愛媛台湾親善交流会の総会が74日、松山市の東京第一ホテル松山で開かれた。新型コロナ禍にも関わらず、予想を大きく上回る会員約50人が参加。

2019年度の事業報告と決算、2020年の事業計画案と予算、会則改定案、人事案、会費納入の免除などが報告され、全会一致で承認された。

報告によると2020年度の会員数は正会員99人、学生会員16人、賛助会員44団体・社、特別会員13人の計128人、44団体()で、新型コロナ禍にも関わらず、昨年度対比で正会員が18人減となったものの学生会員、賛助会員は伸びを見せた(資料1=会員数)

将来的に一般社団法人へ移行するため、役員会を理事会、幹事を理事に名称変更。理事は会長1名以下6人と少数化し、社会の変化に即対応できるよう小回りの利く組織とした。

2019年度は4月、愛媛台湾交流会(古川勝三会長)と愛媛県日台親善協会(蔵原一郎会長)が合併し、愛媛台湾親善交流会が設立。同会長に古川氏、相談役に蔵原氏が就任した。その後、記念行事、懇親会が開かれ愛媛県の中村時広知事、松山市の野志克仁市長も参加した。

7月は八田與一の長編アニメ映画「パッテンライ」(虫プロダクション制作)の上映、11月は「えひめ・まつやま産業まつりwithメディアパーティ すごいもの博2019」で台湾料理の販売や台湾観光PR、台湾近代史に貢献した愛媛県出身の松木幹一郎、近藤兵太郎の紹介パネルを展示。

古川会長が台湾の歴史について語る講習会が6回行われた。また、古川会長、野村忠秀副会長は8月、高知市で開催された高知県日華親善協会の交流会に出席。

10月は古川会長、野村副会長、新山富左衛門副会長たちが大阪市内で行われた台湾「国慶節」の交流会・祝賀会に出席した。同年度の収入は計1,508,751円、支出は計788,175円で、収支差額720,5765円が繰り越された。

今年度は新型コロナ禍で正会員の会費は免除。予算規模は縮小されたが、事業として台湾との交流を促進させるためウェブマガジン「MOBURU+」(モブルプラス)と季刊誌(会報誌)の発行、「台湾を楽しむ会」(仮称)の実施などが予定されている。予算は収入・支出計720,586円。

2020年度約有50人參加了大會

愛媛台灣親善交流會的年度大會於74日在松山市的「東京第一飯店松山」舉行。儘管經歷了新型冠狀病毒的肆虐,超乎預期的是約有50名會員參與其中。

2019年度的工作報告和決算,擬定2020年度的工作企劃案和預算、提出了章程細則改定案、人事案、免除會費的繳交,並且全員一致認同。

根據報告2020年度的會員人數為正式會員99人、學生會員16人、贊助會員44團體·社、特殊會員13人,總共128人,44團體(社),雖然歷經了新型冠狀病毒的禍害,正式會員少了18人,但學生會員、贊助會員均有成長的跡象(資料1=會員人數)

為了將來轉型為一般社團法人,幹部組織將改為理事會,幹事的名稱則改為理事。會長之下的理事縮減為6人,轉而成為能隨機應變的靈活組織,以即時因應社會的變化。

2019年度的4月,愛媛台灣交流會(古川勝三會長)和愛媛縣日台親善交流會(藏原一郎會長)合併為一體,成立為愛媛台灣親善交流會。相同地,會長仍是古川,藏原則擔任協議長的角色。爾後,舉辦了紀念日活動、懇親會,愛媛縣的中村時廣知事、松山市長野志克仁也都有參與。

7月時,八田與一的長篇動畫電影《八田來了》(蟲製作公司)上映。11月時,於「愛媛・松山產業展 多媒體派對 一流物產博覽會2019」販賣台灣料理並宣傳台灣的觀光資訊,還展示了說明板介紹兩位愛媛縣出身的偉人-松木幹一郎和近藤兵太郎,他們都在台灣近代史裡貢獻良多。

古川會長主講的台灣歷史講習會舉辦了6次。另外,古川會長、野村忠秀副會長於8月出席了高知縣日華親善會在高知市舉辦的交流會。

10月時,古川會長、野村副會長、新山富左衛門副會長等人出席了在大阪市內舉行的台灣「國慶日」的交流會兼祝賀會。同一年度的總收入合計是日幣1,508,751圓,總支出合計是日幣788,175圓,作為結餘款的收支差額是日幣720,5765圓。

今年度受到新冠病毒的肆虐的影響,而免除了正式會員的會費。雖然因此縮減了預算規模,為了促進和台灣的交流,預計會發行線上雜誌「MOBURU+」和季刊(交流會刊物)、創立「享享台灣之友會」(暫定)。這方面的預算之中,收入金額加上支出金額總共是日幣720,586圓。

大會之後,古川勝三會長「沒想到新冠病毒的禍害之中,還能有這麼眾多的會員一同共襄盛舉,真的是超乎預期。我強烈地感受到大家對於和台灣交流的積極性與熱情。預計明年要再次規劃中村知事的紀念公演」,古川會長如是說,並展現了對於這方面的企圖心。