blog

一青妙の四国サイクリング紀行【その3】鳴門海峡

鳴門海峡

 四国と台湾はほぼ同じ大きさだ。どちらも海岸線を中心にぐるっと一周すれば1000㎞くらいとなる。自転車で両方を走った私の感想としては、しんどいのは断然、四国一周。アップダウンがきつく、ペダルを踏む足がつらい。しかし、美しいビューポイントにたどり着くと、疲れもどこかに消えてしまう。

徳島県鳴門市の「瀬戸内スカイライン」は瀬戸内海、ウチノ海を結んだ全長約8㎞の県道。道路は湾曲したり、起伏に富んでいたりと、テクニックを試したいドライバーの腕試しコースとしても人気が高い。

 それまで軽快だったペダルが、急勾配にさしかかると一気に重い石のようになる。鳴門スカイラインのハイライトで2つの峰を結ぶ四方見橋が近づく。地面の白線を見つめ、息を切らしながら、ひたすら頂上を目指して進む。「おぉ~」と先を行く仲間の声で頭を上げると、信じられない光景が広がっていた。

 手招きしているうさぎのような雲が青空に浮かんでいる。穏やかな瀬戸内海がキラキラと輝く。心拍数も徐々に落ち着き、自転車を端に寄せ、走ってきた道を振り返ると、一直線に伸びるジェットコースターのような急斜面。「こんな坂を登ったんだ」と我ながら感心した。

 鳴門大橋と淡路島が遠くに見える。ウチノ海に釣り用のイカダがプカプカのんびりと浮いている。パノラマの瀬戸内。とびきりの景色に、坂道の疲れは一気に吹き飛び、「ああ、来てよかった」と心の底から自分を労った。

 其實四國和台灣的面積大小幾乎相同。繞海岸線一圈的話都是1000公里左右。對於兩邊都有環島過的我來說,四國的環島比台灣的要辛苦。上坡下坡非常累,所以踩著踏板的腳也非常辛苦。但是一到美麗的景點,那些辛勞也就瞬間消失了。

 德島縣鳴門市的「瀨戶內SkyLine」是連接瀨戶內海與Uchino海的縣道,全長8km。道路非常蜿蜒,起伏也相當地大,對於想要測試自己開車技術的人來說是個很有人氣的場地。原本都是很輕快的踏著踏板,突然之間出現了非常抖的斜面腳上就像放上一大顆石頭的沉重感覺。鳴門Sky Line中最突出的部分是能夠接近連接兩座山峰的四方見橋。緊盯著地上的白線,大力呼吸,並往頂點前進。聽到領先的同伴們發出「喔喔〜」的聲音而抬起頭的我,看到了無法置信的美景。像是在用手招呼你的兔子的雲呈現在晴空中,平穩的瀨戶內海在閃閃發亮著,心跳也漸漸地平靜下來。將自行車遷到旁邊停下,並回頭看著自己騎過來的道路,就像是雲霄飛車一直線的向上軌道一樣地急上坡。「原來我騎了這麼長的上坡啊」心中感嘆著。

 遠眺望著鳴門大橋和淡路島、Uchino海中有著載浮載沉的海釣用竹筏、全景的瀨戶內海。看著無話可說的美景,上坡的疲勞也一飛而去。「啊ー有來這裡真的太好了」,打從心底的慰勞自己。

 

一青 妙(ひとと たえ)

台湾の名家「顔家」長男の父と日本人の母との間に生まれる。現在は作家・女優・歯科医をマルチに活躍。主な著書に「私の箱子」「環島 ぐるっと台湾一周の旅」など。四国一周サイクリングPR大使、愛媛台湾親善交流会PR大使を務める。

出生於, 父親是台灣名門望族「顔氏」長子, 母親是日本人。作家・女演員・在牙科醫師等不同領域都有傑出的表現。主要著作有「我的箱子」等

一青妙の四国サイクリング紀行【その1】内子 篇第一回 内子 篇  愛媛県は東西に細長い。東予、中予、南予と呼ばれる地域に分かれ、それぞれ人々の気質や話す言葉も違うというから面白い。...
一青妙の四国サイクリング紀行【その2】香川・善通寺第二回 香川・善通寺  四国を自転車で走っていると、杖を持ち、百衣に菅笠という姿で歩いている人たちを見かける。外国人も珍しくない。お遍...