blog

西瀬戸内海と台湾をつなぐライドの魅力 連結著西瀨戶內海與台灣-單車公路之魅力(一青 妙)

「妙桑有去過ライフー嗎?(妙さんライフーに行ったことありますか?)」

あるとき、台湾の友人からこんな風に聞かれました。

「ライフー……?」

全く聞いたことのない単語で、しばらく考えてもわかりませんでした。

「不知道(わからない)」と答えたところ、友人が「ライフー是島波海道的那個(ライフーはしまなみ海道のあれよ)」と言ったところでハッと閃きました。

瀬戸を中国語では「ライフー」と発音するのです。日本語で聞き慣れた地名の漢字を中国語で発音されると、とっさに反応できず、理解できるまで時間を要することが時々起こりますが、ライフーもそのひとつでした。

瀬戸内海、瀬戸大橋、瀬戸内国際芸術祭……。友人は次々と瀬戸のつく場所やイベントの名前を挙げました。台湾人にとって「瀬戸(ルビ:ライフー)」の2文字は瀬戸内を意味する言葉で、とてもポピュラーな行きたい場所としてすっかり定着していることを知りました。

 一方、私にとって「ライフー」初訪問は2012年。台湾からやってきた人々と一緒に楽しむ「日台交流・瀬戸内しまなみ海道サイクリング」に参加し、人生初のロングライドにチャレンジしたときでした。

 このときに見た瀬戸内海の美しさや、エイドステーションで食べたはっさく大福”“牡蠣”“せとかの美味しさ、サイクリストを迎えて下される地元の皆さんの温かさをいつまでも忘れることができませんでした。

 以来、サイクリングにすっかりはまってしまい、台湾を自転車で一周する「環島」を2度成功させています。普段からロードバイクで日本のあちこちに出かけて、次はどこを走ろうかと考えている毎日です。
 またこのときの経験をきっかけに、四国との縁が深まりました。四国一周サイクリングPR大使として四国一周にチャレンジさせていただきました。愛媛台湾親善交流会での講演の機会を頂いたこともあります。プライベートでも瀬戸内を訪れることもあり、私の中で「ライフー」の存在感は高まる一方です。

新型コロナの影響で、日台間の往来がままならず、日本人の台湾ロス、台湾人の日本ロスは随分と深刻です。そんな折、西瀬戸内海と台湾の懸け橋となるWeb交流マガジンMOBURU+」が立ち上がるという嬉しいニュースが飛び込んできました。記事に加えて、楽しい動画コンテンツもあるそうです。しばらくはバーチャルで現地情報を楽しみながら、一日も早くリアルな往来が再開されることを待ちましょう。

ところで、MOBURUとは、愛媛県松山地方の方言で「混ぜる」という意味だとか。日本と台湾が混ざり合い、たくさんの情報を多くの方に届けるサイトになる気がします。「MOBURU+」を通じ、私の人生にサイクリングという趣味が加わるきっかけとなった「ライフー」=瀬戸内と台湾の縁が、より一層深まっていくことを願ってなりません。

<プロフィール>

作家・女優として活躍中で、歯科医の顔も持つ。台湾きっての名家である基隆・顔家の長男だった台湾人の父と、石川県にルーツを持つ日本人の母との間に生まれ、幼少期は台湾で生活し、地元の小学校に通った。現在、台湾・台南市親善大使や石川県中能登町観光大使に任命され、日台の架け橋となる文化交流活動に力を入れる。家族や台湾をテーマにエッセイを執筆し、著書に『私の箱子』『ママ、ごはんまだ?』『わたしの台南』『わたしの東海岸』などがある。『ママ、ごはんまだ?』を原作にした同名の日台合作映画が公開され、2019年には『私の箱子』を原作にした舞台が台湾で上演され、本人も出演している。四国一周PRサイクリング大使であり、愛媛台湾親善交流会のPR大使も務めている。

 

有次突然被台灣友人問道「妙桑有去過瀨戶嗎?(妙さんライフーに行ったことありま
すか?)」
「ㄌㄞˋ ㄏㄨˋ(ライフー)……?」因為是完全沒聽過的單字,就算想了一陣子還是沒頭緒。
回答「不知道(わからない)」之後,友人馬上接著說「ㄌㄞˋ ㄏㄨˋ是島波海道的那個(ライフーはしまなみ海道のあれよ)」,然後我就馬上懂了。

在中文裡瀨戶的發音是「ㄌㄞˋㄏㄨˋ」。【註:日文裡的發音則是Sedouchi】聽到耳熟的日文地名以中文發音,一時之間無法馬上反應過來,常常要一段時間才能理解,「ㄌㄞˋㄏㄨˋ」也是其中之一。

瀨戶內海、瀨戶大橋、瀨戶內海國際藝術祭……。友人列舉出了瀨戶的景點和活動。對
台灣人來說,「瀬戸」的兩個字就意指瀨戶內,以當紅景點的形象而深植於大家的心中。

另一方面,對我來說初次到訪「ㄌㄞˋㄏㄨˋ」則是2012年。和台灣人一起參加「日台交流·瀨戶內島波海道鐵馬行」,也是人生首次挑戰長途單車公路的重要里程碑。

那時所見到的瀨戶內海之美,和補給站品嘗到的珍饈—“八朔蜜橙大幅”“牡蠣”“瀨戶香蜜橙”都讓我回味無窮,最永遠難以忘懷的是,所有迎接騎士們的當地居民們的熱情。

從此之後,就迷上了鐵馬,還成功地完成了兩次的單車環島。甚至變得平常就會騎著體馬到日本各地四處趴趴走,每天都會想著接下來要騎到哪裡呢!

那時的機緣是加深和四國的緣分之契機。身為鐵馬環四國的宣傳大使,我也挑戰過環繞整個四國。也應邀至愛媛台灣親善交流會演講。私底下,也會造訪瀨戶,在我心中「ㄌㄞˋㄏㄨˋ(ライフー)」,是不可動搖的存在。

那時的機緣是加深和四國的緣分之契機。身為鐵馬環四國的宣傳大使,我也挑戰過環繞整個四國。也應邀至愛媛台灣親善交流會演講。私底下,也會造訪瀨戶,在我心中「ㄌㄞˋㄏㄨˋ(ライフー)」,是不可動搖的存在。

受到新冠病毒的影響,減少了台日之間的往來,日本人的“台灣LOSS”還有台灣人的“日本LOSS”兩邊的失落感都相當地嚴重。就在這時,聽聞到一則令人雀躍的消息—成立線上多媒體「MOBURU+」,要扮演西瀨戶內海和台灣的交流橋樑。聽說不只是文字,還會有充滿趣味的影音平台。暫時以虛擬的方式享受令人嚮往的當地旅遊資訊,並期待著早日恢復實際的往來吧!

話說,「MOBURU」在愛媛縣松山市的方言裡,有著「混合」的意涵。個人認為這會是個融合著台灣和日本,且能夠把許多資訊傳達給更多人的網站。衷心盼望藉由樂趣。「MOBURU+」,瀨戶內和台灣的緣分能夠更加地深刻,畢竟那裡為我的人生增添了一項樂趣。

<個人簡歷>
以作家、演員、牙醫的身份活躍於各個領域。父親是台灣望族基隆顏家的長男,母親則是有石川縣根源的日本人,幼年在台灣生活,並曾在當地的小學就讀。著有《我的箱子》《日本媽媽的台菜物語》《什麼時候去台南》《溫暖的記憶,從這裡出發:一青妙的台灣東海岸》等。現任台南市親善大使和石川縣能登町觀光大使,作為台日間的橋樑,致力於台日文化交流活動。以原作《日本媽媽的台菜物語》作為腳本的同名台日合作電影,另外2019年以《我的箱子》作為腳本並搬上舞台劇,本人也有出演。除此之外,也是鐵馬環四國的宣傳大使,並擔綱愛媛台灣親善交流會的宣傳大使。